Prologue:20歳(ハタチ)、 "ただときめいて楽しいだけの日々… でも時には、胸が痛むこともある… 私に向けられた数々の思いを唯一感じることができた時代 あの時は分からなかった。今、この瞬間が― 再び訪れはしないことを 私の人生のうち最も光り輝いた日々であることを…" 私たちの話を… 聴いてくれますか?

『アコースティック』ストーリー

ラーメンを食べないと生きられない不治の病に侵されたシンガーソングライターのセギョン (シン・セギョン)。彼女は自分が作った歌を世の中に伝えようとして病院を抜け出す。
だが、セギョンの歌は人々の心をなかなか掴むことができない。
彼女の焦りとともに病気も深刻になっていくのだが…。

数カ月後、セギョンの知人が訪れたライブハウスで演奏するロックバンド「タージマハル」の
ソンウォン(イ・ジョンヒョン)とヘウォン(カン・ミンヒョク)。
だが彼らの音楽は客から受け入れられず、店を追いだされる。
生活のため仕方なくギターを売ろうと決心するが、へウォンはギターを売りに行く途中、パン屋に寄ってギターを失くしてしまい…。


30年後、音が武器となり音楽が消えてしまった未来。
海賊テレビで「タージマハル」のライブが放送されている。音の研究をしている大学生ジフ(イム・スロン)は、ちょっと変わった少女ジニ(ペク・ジニ)と出会うが、ジニは博物館に飾られているiPhonを持っていた。
ジニを通じて音楽を知ったジフは、しだいに音楽と彼女への思いが深まり…。

『アコースティック』キャスト
セギョン役 | シン・セギョン

若くして死んだ天才音楽家になりたい
「この歌を伝えなきゃいけないの…」

1990年7月29日生まれ。一世を風靡した人気アーティスト、ソテジのCD ジャケットモデルとして1998年にデビュー。2009年、シチュエーション コメディ「明日に向かってハイキック」で一躍大ブレイクし、女優としての転換点を迎えた。
かわいい容貌とその内に秘めた成熟さ、深みのある演技力を兼ね備え、若手トップ女優として映画、ドラマ、CMで大活躍中。本作でこれまで隠してきた歌の実力とギターの演奏を披露している。

-Filmography-
【映画】2004年「マイ・リトル・ブライド」 2006年「シンデレラ」
  2009年 「オガムド 五感度」 2011年「蒼い塩」ほか
【ドラマ】2004年「土地」2009年「善徳女王」「明日に向かってハイキック」2011年「根深い木」ほか

ジフ役 | イム・スロン(2AM)

彼女のメロディが僕をときめかせる
「お前が口ずさんでいた曲… 歌詞もあるんだって?」

1987年5月11日生まれ。男性ボーカルグループ2AMのメンバーとして 2008年7月にデビュー。
「私たち結婚しました」などのバラエティ番組で 特有の個性的なトークを披露するなど、様々な活動に挑戦。 2012年1月には2AMの日本メジャーデビューも決まり、アーティストとしてアジア各国で活躍する一方、俳優としても強い意志と情熱をみせている。本作では音の研究をしているちょっとマヌケな大学生に扮して、コミカルな演技で笑いを誘う。


-Filmography-
【ドラマ】2010年「個人の趣向」「彼らの愛のかたち」

◆イム・スロン 
2AM Official HP はこちら http://www.2amjapan.com

ソンウォン役 | イ・ジョンヒョン(CNBLUE)

腹が減ってもすぐ忘れる、でも音楽は永遠だ!
「俺たちが音楽やるのに何かしてくれた事あるかよ」

1990年5月15日生まれ。2010年1月、男性 4人組のバンド CNBLUEのメンバーとしてデビュー。
ボーカル兼ギター担当。背が高く目鼻立ちの はっきりとした容貌と甘い声で高い人気を得ている。
CNBLUEは韓国デビュー前に日本でインディズバンドとして活動していた 時期があり、俳優デビュー作となった本作について「撮影中にその頃を 思い出して、再び初心にもどる良いきっかけになった」と語っている。

ロックこそが音楽だと信じる青年が、新しい音楽に出会う姿をみずみずしく演じ、初演技とは思えないほど、繊細な感情をみごとに表現している。

◆イ・ジョンヒョン 
CNBLUE Official HP はこちら http://cnblue.jp

へウォン役 | カン・ミンヒョク(CNBLUE)

腹が減るのはガマンできない!
「アニキ、ギター売らなきゃダメかな?」

1991年6月28日生まれ。イ・ジョンヒョンと同じCNBLUEでドラムを担当しているカン・ミンヒョクは、柔らかさと男らしさが共存するイメージの新世代スター。“クィヨミ (韓国語で、かわいいの新造語)”ドラマーのへウォンに扮し、演技か素顔か分からないような、純粋で天真爛漫な癒し系の魅力を発揮。本作に出演後、「演技の面白さを初めて知った。大変だけど今後も演技に挑戦したい」と語り、その後2本のドラマに出演した。

-Filmography-
【ドラマ】2010年「大丈夫、パパの娘だから」
 2011年 「オレのことスキでしょ」

◆カン・ミンヒョク 
CNBLUE Official HP はこちら http://cnblue.jp

ジニ役 |ペク・ジニ

この曲の中に失った記憶がある
「黙って音楽でも聴いたら?」

1990年2月8日生まれ。2008年インディペンデント映画「人を探しています」でデビュー。
同年、シン・ドンイル監督の映画「ソウルのバングラデシュ人」で主演を担い、新人らしからぬ演技で注目され、映画誌 「シネ21」が選定した「今年の新人女優」および「百想芸術大賞新人賞候補」に選ばれた。小柄だが「主体性のはっきりした作品がいい」と語る情熱の持ち主。 本作で思い出の曲を守る寂しい少女に扮し、可憐な歌声を聴かせている。

-Filmography-
【映画】2008年「人を探しています」2009年「ソウルのバングラデシュ人」「キッチン」2010年「フェスティバル」
【ドラマ】2009年「千万回愛しています」2010年 「秘密の花園」
 2011年「ヘアショー」「ハイキック !短い足の逆襲」

『アコースティック』監督紹介

監督 | ユ・サンホン

「大きな夢を持っているけれど現実的な壁にぶつかってしまう若者たちに、音楽を通じて、人との関係を通じて、希望を育て て欲しい」

 

2007年に短編映画「8/10000」がミジャンセン短編映画祭と釜山国際ファンタスティック映画祭で上映され、感覚的な映像美で話題を集めた。 本作を通じて、特有の愉快な想像力とはじけるような演出力で 観客を魅了する。

音楽がよく聴こえる映画になればいいと思う。 音楽の存在感、いつのまにか鼻歌を歌ってしまうような中毒性... 朝、毎日通っていた道や、何でもなかった場所でふいに聴こえてきたメロディが、一日中、耳から離れないように、曲全体ではなく、一小節を何度も何度も繰り返すような中毒性で、この映画の音楽が単純に映画の中の音楽ではなく、映画全体が音楽となって近づいてくる、そんな映画になったらいいと思う。

『アコースティック』商品情報

本編88分/カラー/16:9LBビスタサイズ/片面・一層/MPEG-2 /DOLBY DIGITAL/
1.オリジナル 2chステレオ(韓国語) 日本語字幕
※特別版にはサントラCDを同梱
【映像特典】
●スペシャル映像(韓国写真撮影オフショット、メイキング他) ●ミュージック ビデオ(3種類) ●韓国版予告編
【封入特典】
●ブックレット

PCBP-52586 ¥4,935(税込)


本編88分/カラー/16:9LBビスタサイズ/片面・一層/MPEG-2 /DOLBY DIGITAL/
1.オリジナル 2chステレオ(韓国語) 日本語字幕
【映像特典】
●スペシャル映像(韓国写真撮影オフショット、メイキング他) ●ミュージック ビデオ(3種類) ●韓国版予告編

PCBP-52587 ¥3,150(税込)

▲TOPへ戻る

©TimeStory Group Co.,Ltd